びっくりした。

IMG_2016.04.30_027.dpp4

 

斎藤学川崎フロンターレ移籍、まさかマリノスの主将が川崎に移籍するとは思いませんでした。

あれだけチーム愛を強調してキャプテンと背番号10を背負った去年を踏まえると失望を感じてしまいます。

今になって思えばあの時キャプテンも10番も背負わず移籍の可能性をどことなく匂わせておいた方がサポの傷をここまでえぐることはなかったでしょうに。

まあ選手のチーム愛宣言なんてリップサービスですし海外では禁断の移籍なんて日常茶飯事なので、日本でも油断しちゃダメだということがよく分かりました。

去年の学の活躍を見ても穴はカバーできる範囲内ですし、新天地での挑戦を選んだ彼の選択も理解できますからビックリはしたもののショックはそこまで大きくは無いといったところ、その分しっかり補強してくれればOKです。

それよりマルティノス放出の方が戦力的ダメージが大きくてショックでした。

 

納得できないのは移籍金無しで放出してしまったことです。

マルティノスのようにしっかり移籍金が発生していれば、そのまま新戦力の補強に資金を投入できます。

おそらく今後のマリノスはCFGを通して海外の選手を安く獲得し、Jで慣れさせてから国内に高値で売却していく転売型のクラブとなっていくので、チームで最も価値の高い選手を売却益無しで放出してしまうことは絶対にはやってはなりません。選手はそのまま資産ですから今回のような移籍は選手の価値がほぼゼロであると言っているようなものです。学は海外移籍を目処に単年契約を結んでいたとのことですが、あまりに売るのが下手すぎました。

 

選手の価値だけでなくチームバリューも落ちてしまう懸念もあります。

世界的に知名度ある俊輔が去年去り、今年限りで中澤は引退、さらに学が抜けるとなるとマリノスの象徴となる系統が途絶えてしまいます。もちろんユース出身や中堅どころ・栗原の存在がありますが学ほどトッププレーヤー且つチームとの結びつきが強い選手は他にはいませんでした。名門たるマリノスの威信は彼らのような血の契のように強い結びつきによって保たれていたのでマリノスが養ってきたチームバリューが損なわれてしまうのは間違い無いでしょう。近年は代表クラスも輩出できていませんしチームの価値は落ちていくばかりです。

 

学に対して「川崎でも頑張れ」なんて優しいことは言えません。

マリサポは今こそ全身全霊を持って怒りをぶつけるときです(笑)

情熱を持ってサッカーを見ればポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情が生まれるのも当たり前でしょう。どちらの感情も否定するものでは無いというのが私の見方です。

こういう時って憎むとまではいきませんが、”怒る”こともサッカーの楽しみ方の一つだと思います。

次回対戦時には最低限のマナーを守って礼儀正しく容赦ないブーイングを彼に叩きつけ、川崎に対して勝利を飾ってやろうではありませんか。