はなさき

よこはま・しゃしん・マリノス

あの時…

IMG_2016.04.30_033.dpp4

 

もしPkを決めていれば…

そう思わずにはいられない、悔しいドローでした。

 

PKを得たとき、”学のリーグ戦初ゴールで復活を!!”と誰しもが願ったのではないでしょうか?

観客とチームの様子もそうでしたし、私もそうでした。

ただし、そこには油断があって確実に点を奪って試合を決めることより学の復調を優先させるおごりがあったと思います。

前半の出来なら後半に十分に追加点を奪える、だから気負わず気楽にPKに臨んでほしい、

ルーズな感じがあって、直前のプレーで足を痛めたこともありPKの準備がバタついていました。

結果的に六反が学の助走に全く動じることはなく正確に右に飛んでボールを弾いてストップするわけですが、笛がなる前の準備段階から勝負が決まっていた感があります。

 

PK失敗の自責の念なのか、後半に入ると学の攻撃はいつも以上にやみくもで単調でした。

ドリブルコース、カットインからのパスタイミングも分かりやすくて止められてしまう、

時間が経つほど焦りも拍車がかかってゆき、チャンスがなくなっていく。

 

なにか流れを断つ手段は無いものでしょうか??

最終ラインでは相手に主導権を握られたとき、飯倉と中澤が意識的に冷静さを取り戻そうと

ゴールキックから丁寧にパスを回して立て直す場面があり、不思議とピシャリとチームが落ち着くんですよね。

前線でもワンプレーで整え直すなにかが欲しいです。

望むのはマルティノスが大げさに痛がること、

前半でやると効くんですよね、相手がひるみますし(笑)

その間にコミュニケーションで意識を再確認し合う時間を稼いでほしいものです。