はなさき

よこはま・しゃしん・マリノス

川崎戦の試合内容をじっくり考える

IMG_2017.06.04_3671.dpp4

すでに間が空いてしまいましたが週末のF東京戦にむけて前節川崎戦の感想を残しておこうと思います。

オフサイドで助かった阿部のゴールシーンとウーゴの一点目をベースに、図とハイライト動画を使って主に守備について考えていきたいと思います。

長めの文章、分かりにくい表現と内容の成否についてはご愛嬌ということで…

f:id:ogahiroaki:20170615114634j:plain

まずはフォーメーション、いつも通りの4-2-3-1

中町と学の復帰、天野の1列上げて扇原のボランチ起用、マルティノスと学の左右替えが最近の大きな変更点です。

川崎で厄介なのは中村憲剛エドアルドネット、そして中盤で動き回る家長の存在でした。

ポゼッションは早々に捨てて川崎が得意な中央へのパスを出し手と受け手の両者を封じて守り、攻撃はシンプルにスキを突いてのカウンターというのがマリノスのプラン、

試合の流れは必然的に川崎のポゼッション、引いて守るマリノスという展開でした。

前線守備について

高い位置で奪うことより縦パスを通さないことを念頭に4ー4ー2で陣形を敷いて守る。

天野を中村憲剛に、ウーゴをエドアルドの前につけて徹底的にフィルターをかけることを重要視する。

f:id:ogahiroaki:20170615114803j:plain

しかしこれだけだと谷口と奈良にボールが渡りウーゴが追うとボランチのどちらかが空いてしまう、その場合は後方から中町が前進、さらに中町が空いたスペースは学が中央にスライド変化させて対応する。

f:id:ogahiroaki:20170615114918j:plain

(白ラインが動き、赤ラインがフィルターを示しているつもりです)

サイドはある程度捨ててもとにかく中央は使わせない、このスライド守備の連携はとても洗練されていて低い位置からのパスはほとんど許さない、通ってもすぐに奪って二次攻撃を封じることに成功していました。

相手のサイドバックを見ながら中央へ絞る学の守備バランスは素晴らしかったと思います。

後退守備について

中央ではなくサイドから自陣深くに侵入された場合、

前々からマリノス弱点は左サイドのペナルティーエリア角の前を突かれることにあります。(下図、赤ゾーン)

このゾーンはサイドハーフサイドバックでマークの受け渡しが曖昧になる場所で、”サポートにボランチがサイドに釣り出される→中央を横切られ逆サイドへ展開→さらに大外へのクロス”というパターンは以前から何度も失点を生み出すパターンです。

右→左→右とサイドチェンジで二度も体の向き反転さられると、死角のマークがどうしても外れてしまうので対応が難しいのだと思います。

f:id:ogahiroaki:20170615115815j:plain

(ピンクラインがボールの動きで、赤ゾーン→青ゾーン→緑ゾーンの順に狙わる。)

この形を突かれたのがまさに79分の登里のクロスから阿部のシュート、ギリギリのオフサイド判定で救われたシーンです。

”ペナ角からマルティノスを躱してハイネルが中央に切り込む→サポートに中町が飛び出す→後ろのエドアルドが受けて逆サイドへ展開→車屋から大外へのクロス→ミロシュの死角から飛び出す阿部”

普段なら間違いなく失点している展開でした。

しかし見直すとミロシュが一度背後の阿部の位置を確認して一歩ラインを上げていることからオフサイドを仕掛けにいっているのが分かります。(ただ金井の動きはかなり怪しい…)

ゴール後すぐにミロシュも中町も中澤もしっかりオフサイドアピールしているので意図的な対応ができていたと思います。(金井よ、もっと自信を持って手を上げておくれ…)

微妙な判定でもしっかり主張することで雰囲気オフサイドを貰えることだってありますしね(笑)

もう少しセンターバックからサイドバックへ、マークの受け渡しと指示をしっかりすれば伝えていればもっと確実に対応できていたと思います。

天野の帰陣

このシーンでもう1つ重要だったのが天野が帰陣して一度エドアルドのパスコースを遮っていることです。

天野のフィルターでエドアルドはダイレクトパスを諦め、一度切り返すことでサイドへの展開が一瞬遅れました。その遅れがミロシュの確認動作にも繋がっています。

f:id:ogahiroaki:20170615123050j:plain

"中町と扇原がサイドにずれて生じる中央のスペースを埋める"この実質3センターのような天野の動きのおかげで安心して中町(扇原)がサイドへのサポートや、中村とエドアルドのチェックに前進することができました。

この日中町のボール奪取力が目立っていたことは天野の前線における中村へのフィルターと、帰陣で中央を埋める臨機応変な前後の動きがあってからのことだったと思います。

攻撃でも生きる中盤の3人。

この天野が降りた3センターの関係はそのまま守攻の切り替えでも有効でした。

ボールを奪うとトップ下・ボランチに関わらずいずれが前進していく、3人ともセンターハーフをこなせるため誰が後ろに残っても大きくバランスを損なうことがありません。

奪った位置関係によってはエリア内まで侵入していくのが天野だけでなく中町・扇原の場合もありました。

これなら敵からしたら特定のマークをつけにくいですし、中町の空中戦や天野のコンビネーションなど選手の特徴による攻撃の違いも生まれてきます。

実質3センターで中盤3人がコロコロと役割を柔軟に交換させて前進していく、そこにサイドバックのオーバーラップが加わることで今まで足りなかった機動力が攻撃の機会で多く見られました。

f:id:ogahiroaki:20170615125927j:plain

雑だけどこんな印象です。ボランチ2人が横並びではなく縦と斜めの関係を作ることが重要です。

得点シーンについて

52分の先制点を挙げたシーンを見ても人数をかけた攻撃はしっかり機能していました。

マルティノスのダイレクトの落としと、ウーゴのマークを外す動きと真横のボールに合わせる技術が生きた結果ですが、その過程が見事です。

このシーンを左図を学が受けた瞬間、右図を天野がマルティノスが受ける瞬間の前後で図で示します。

f:id:ogahiroaki:20170615184752j:plain

流れとしては

①学と松原で川崎の集中を右サイドに牽制し、奈良をエリア外に釣り出す

 

②サイドチェンジで田坂のマークをマルティノスに移す。

 

③田坂と谷口が体を反転させた瞬間に後ろに引いて2人のマークを外す

 

”片側に相手を寄せてから薄くなった逆サイドへ展開、身体の向きを反転させるタイミングでマークを外す”というのは前述のマリノスの守備弱点の”Side to Side”と同じ形です。

松原が学を越してフリーランニングすることでしっかり右サイドに集中を寄せることができました。

サイドバックのオーバーラップはボールに触れなくても大きな牽制となるので、マルティノスの呪縛から解放された松原の動きはとても重要になります。

扇原がエリアに走り込んでいる点も見逃せません。

扇原には中盤低い位置でプレーするイメージがありましたがダイナミズムをもった運動量ある選手だったことには驚きです。

総評

こんな感じで堅固な守備ブロック形成をベースに、先制点から追加点を加えての2-0撃破まで

無失点で抑えた安定した堅固な守りは見ていて気持ちよかったです。

危なかったシーンはハイネルのミドルと阿部のオフサイドシュートだけで、他はほぼ完封といって良い出来でした。

守備はまだまだ他のチームにひけを取りませんね

攻撃面ではサイドバックと中盤の押し上げで人数をかけた攻撃ができていたのが明るい兆しです

ただやっぱりアタッキングサードから先のアイデアのバリエーションが少なく連携強化が引き続き攻撃の課題です。

MOM

試合の中で勝手にMOMは決めるとしたら中町、次点に天野を挙げたいと思います。

1位:中町

ビルドの配給からボール奪取と前の推進力まで、中町が1人で中盤を動かしていました。

82分に全体が緩んで生まれたピンチをすかさず止めたプレーは、カードを受けたもののチームを締め直す気合の入ったプレーでもあり、精神的にもチームに欠かせない存在です。

2:天野

次いで評価したいのが中町の動きをサポートした天野、

中村への密着マークと中央スペースを埋める前後のバランス感覚、そして1点目のサブアシスト

テクニックのパブンスキよりマルチタスクと運動量に優れた天野の方が今のところはトップ下の起用に最適と思えます。

そういえば昨シーズンの1stステージの終盤し三門のトップ下起用でも同じような効果が生まれていたのを思い出します。

 

その他評価

扇原

ビルドでは中町のサポートであまりゲームメイクの機会が少なかった扇原ですが積極的なオーバーラップと鋭い縦パスが数度見られました。

(テレビの直写しですみません)

この田坂と奈良の間を抜けたマルティノスへのスルーパスには要求が高すぎて通らなかったもののパスセンスには惚れました。

このまま視野の広さと組み立て能力、周りへの指示力で着々とスタメンの座を確立していきそうです。

マルティノス

守備の位置取り、守攻切り替え時のロスト、パスミス、持ちすぎのドリブル、連携、視野の狭さ、そして好不調の不安定さ、とデメリットが多い選手ですが2アシストという確かな結果さえ出してしまえば全てがチャラになってしまうズルさ(笑)

良くも悪くも判断が難しくて本当に使いにくい選手です。

切り札として途中投入させたら面白くかき混ぜてくれそうなんですが今のマリノスにそんな余裕は無いです。

監督

いつもは優柔不断のイメージのあるモンバエルツ監督も相手によってポゼッションとカウンターを使い分ける割り切りの良さも見せてくれました。

前々節から2試合続けてのマルティノスの左サイドと天野のトップ下起用はてチームの機動力をもたらし今のところ機能しているのはまさに怪我の功名でした(笑)

この先監督の言うとおりこの先上位に食い込むためにはポゼッションサッカーを確立させる必要があるというのは全くその通りですがこだわりすぎて自滅というのは避けて欲しいです。

パブンスキをどうするか?

天野のフィットでトップ下のスタメン起用が難しくなってきたパブンスキですが、この先アタッキングサードからの崩しを確立させていくには彼のテクニックが必要になってくるとおもいます。

しかしマルティノスとの同時起用は守備負担が大きくなってしまうので学の位置に替えるわけにもいかない。

そうなるとマルティノスの位置にパブンスキになるのかなというのが私の意見です。

おそらくマルティノスの不調の波は間違いなくまたやってきますから(笑)

むしろサイドに置いた方がボールを受ける回数が増えてプレーが広がるかもしれませんし、彼を起用した4-2-3-1や川崎戦での実質4-3-3などのフォーメーションも試していってほしいです。

東京戦に向けて

さてさて代表戦開けて週末はF東京戦、デゲネクとパブンスキは代表戦選出で欠場が決定しています。

久しぶりにディフェンスラインにボンバーと栗原のコンビ、中盤から前は川崎戦通りが予想のラインアップ

F東京のメンバーを見ると大久保から永井・高萩・森重・中島・東・太田、それにピーターウタカといつの間にか豪華なメンバーが揃ってて正直ズタズタにされる恐怖しかありません…

とは言っても勝ち点は1しか離れていないので2連勝のと良い流れに乗って3連勝を狙っていきましょう♬

PS

ここまで書いて4600字、長々と付き合って頂きありがとうございます。

ダラダラ書いてみましたが浅はかな分析なので内容が正確なのかも分からず的外れなことを書いているかもしれません。

とりあえず書くことで文章力とサッカー眼を養てっていきたいと思いましたがなかなか難しいです。

こんな感じでそのうちまたサッカーについても書いていきたいと思うのでたまにブログを覗いていただけたら幸いです。

最後にコメント投稿や、下のブログぼたんをポチッと押していってくださいな♬